皮膚のバリア機能を強くする

世の中にはアトピーになりやすい人とそうでない人がいます。

アトピーになりやすい人というのは体質もあるので、かなり損をしてしまっているかと思います。

アトピーの辛さというのは、アトピーになってみないとわからないですよね。

アトピーになって初めて、アトピーのつらさがわかるのではないでしょうか。

アトピーになると、かゆいし痛いしで、かなりつらくて夜も眠れないぐらいの症状になる可能性もあります。

かゆい女性

赤くぐじゅぐじゅしてしまったり、皮膚がはがれてきてしまったりと、色々な症状を引き起こしてしまいます。

そうならないようにするためにも、「もしかしてアトピーかも?」と思ったら、早めに対応をする必要があるかと思います。

では、体質のほかには、どうしてアトピーになってしまうのでしょうか。

石けんやシャンプー、リンス、洗剤などが原因でアトピーになってしまう方もいらっしゃいます。

それらを使った時に皮膚のバリア機能が低下していると、それらが原因でアトピーになってしまう可能性があります。

皮膚にはバリア機能があって、皮膚を外的刺激から守る機能があります。

しかし、それが弱っていたり、機能していなかったりすると、もろに外的刺激を受けることになってしまい、その結果、アトピーなどの皮膚炎になってしまうおそれがあるというわけです。

皮膚のバリア機能を強くするためには、皮膚に保湿は欠かせません。

皮膚が乾燥していると、どうしてもバリア機能が低下してしまう可能性があります。

また、皮膚の表面にある皮脂膜も重要な役割をはたしています。

皮膚膜におおわれることで、皮膚を外的刺激から守る役割をしています。

しかし、皮膚膜がひっかいたりこすったりすることでうすくなってしまったりなくなってしまったりすると、外的刺激を直接受けることになってしまい、できものなどができやすくなってしまいます。

皮膚を常に、乾燥しないような状態にしておくというのが大切だと思われます。

皮膚に潤いを与えてあげて、いつも皮膚が潤っている状態が理想的だと思います。